スター・ウォーズ/フォースの覚醒"超究極完全最強"批評感想まとめッ!

広告
シェアする

f:id:brunojackson:20160507124345j:plain

Hey!映画マニアのブルーノ・ジャクソン(@brun0jacs0n)がとっておきの映画を紹介するぜッ!

作品紹介

予告編

あらすじ

1977年に始まり、映画史に残るヒットを生み出し続けている『スター・ウォーズ』サーガの最新作がついに登場。数々の注目作を手がけてきたJ.J.エイブラムスがメガホンを執り、マーク・ハミルハリソン・フォードキャリー・フィッシャーらオリジナル・キャストが再集結。“エピソード6“から30年後を舞台に、新たな物語が紡がれる。

監督 J・J・エイブラムス
出演 ハリソン・フォード
マーク・ハミル
キャリー・フィッシャー
アダム・ドライバー
デイジー・リドリー
ジョン・ボイエガ
オスカー・アイザック
時間 136 分
公開日 2015年12月18日(金)

ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!

超究極批評感想まとめ

ぴあ映画

77 点 / 100 点

Yahoo!映画

3.69 点 / 5 点

スター・ウォーズ」新3部作の第1弾としては上々の出来だ。なにより、レイとフィンをはじめ、ポー・ダメロン(オスカー・アイザック)、カイロ・レン(アダム・ドライバー)といった登場人物は、旧3部作の人気キャラクターと比較しても見劣りしない個性を備えている。

映画.com

eiga.com

4 点 / 5 点

超映画批評

movie.maeda-y.com

65 点 / 100 点

・旧作愛が感じられる。

・創作魂や革新性は受け継いでいない。

ライムスター宇多丸

・大満足!

・期待を上回っていた。

・J・Jエイブラムスぶっちぎりの最高傑作。

・新キャラが魅力的。

ライムスター宇多丸×町山智浩×高橋ヨシキ

・過去作のいいとこどり。

・過剰接待と感じた。

・ヒット曲のオンパレードという感じ。

はてなブログ

・エピソード4、5、6へのオマージュたっぷりでよかった。

・旧ファンを意識した作品。

・エピソード7最高!

・中だるみするようなシーンはなく、テンポ良く物語りは進行してく。

・過去作品にはない新しいことにも挑戦。

Twitter

ユナイテッド・シネマ それぞれのシネマバナー

シェアしよう

いじょうッ!スター・ウォーズ/フォースの覚醒"超究極完全最強"批評感想まとめッ!でした!

広告を非表示にする