David Guettaの"This one's for You"は、Major LazerとDJ Snakeの"Lean on"のパクリなのか

広告
シェアする
【お知らせ】只今当ブログにおいてYouTubeの画像をクリックしても動画が再生できない不具合が生じております。原因追求中です。ご迷惑をおかけします。(2017年5月7日)

Hey!音楽好きのブルーノ・ジャクソン(@brun0jacs0n)だぜッ!

まずは以下の2曲を聴いてみて欲しい。

This One's for You (feat. Zara Larsson)

2016年05月13日にリリースされたこの曲。

UEFA EURO 2016(ヨーロッパの大きなサッカー大会)の公式テーマソングにもなっている。

この曲を制作したアーティスト"デヴィッド・ゲッタ"は、EDMという電子音で作られるダンスミュージックのジャンルを確立した第一人者でもある。

EDMは日本でも流行し、いわゆるパリピ(パーティーピーポー)が聴いていそうなジャンルだ。

This One's for You (feat. Zara Larsson) [Official Song UEFA EURO 2016™]

This One's for You (feat. Zara Larsson) [Official Song UEFA EURO 2016™]

  • デヴィッド・ゲッタ
  • ダンス
  • ¥250

Lean On (feat. MØ & DJ Snake)

2015年にリリースされたこの曲。

2015年のEDM界でかなり流行した。

日本でもゲレンデや町中やラジオで聴いたことがある人もいるかもしれない。

この曲は、メジャー・レーザーというグループとDJ Snakeというアーティストのコラボ曲だ。

Lean On (feat. MØ & DJ Snake)

Lean On (feat. MØ & DJ Snake)

  • Major Lazer
  • エレクトロニック
  • ¥250

パクリ疑惑!?

Billboardによると、メジャー・レーザーのメンバーであるDiploとDJ SnakeがTwitter上でデヴィッド・ゲッタに対し、「"This one's for You"は"Lean on"パクリだ!」と避難してるそう。

f:id:brunojackson:20160515181227p:plain


※DJ Snakeによるツイート

Twitter上の反応

まとめ

みなさんはこの件についてどう思いますか?

パクったパクってないはさておき、音楽というのは多かれ少なかれ互いに影響しあって新しい曲を作っていくモノだと思います。

今回の場合は特に同ジャンルの曲だしね。

それを音楽ファンが言うならまだしも、アーティストがTwitter上で「お前の曲は俺の曲のパクリだ!」と避難するのはなんか寂しいような悲しいような気持ちになりますね。